恵比寿「どんく」でお昼ごはん


東京に出てきて最初の職場が恵比寿でした。


恵比寿のイベント企画制作会社におり、毎日周辺でランチを食べ歩く日々。その後、長期案件のため築地の関係会社に出向した時も築地で毎日ランチを食べ歩き。


男性の社長やプロデューサー達のお供だったけれど、「男メシ」ばかりでなくレトロな味わいの洋食や様々な美味しいお店に日々連れて行っていただきました。


あの頃だけで一体何軒のお店に行ったのだろう・・・



本日、たまたま恵比寿に用事があり、打ち合わせ先の男性を当時定番的に食べにいっていたお店にお連れしました。


それは、「どんく」という長崎ちゃんぽんのお店です。


しかし「どんく」はちゃんぽん・皿うどんだけでなく、唐揚げやチキンカツなどの定食も豊富にあり、毎日通っても飽きないラインナップと美味しさでいつも人気です。


私のお気に入りは、ちゃんぽんと皿うどんはもちろんですが、「肉うま煮定食」「春巻き定食」です。


今日は「肉うま煮」をチョイス。


お肉の表面に、湯葉っぽいものが絡めて素揚げしているのかな? 


そして美味しい醤油味の餡で絡めてあってそのひと手間ふた手間がとってもお肉を美味しく食べさせてくれます。今思い出して書いているだけでもまた食べたくなってきました。


写真はあえて掲載しませんが、何を食べても美味しいし全部1000円ほどで恵比寿ランチとしてはリーズナブル。そして店員さんの女性がとてもにこやかに話しかけてくれて優しいので、本当に良いお店ですよ。


男性も満足、女性同士でも家族連れも皆行けます。昼時も夜も行けます!


奥の厨房で1品1品全部作っている味なので、「セントラルキッチンもの」に飽きた人にも本当にオススメ。


私の東京でのベース、三軒茶屋にもこの「どんく」が欲しい!

三茶はランチが少し乏しいところです。。。


恵比寿時代の同僚に、写真を送ってあげました。もう14、5年前の同僚で今は東京にいないのですが「どんくはうまかったなー」とやっぱり言ってました。


「高級」とか「本気の長崎」とかの変な気合いで評価しないでくださいね、私は「全部のバランス」でこのお店が大好きです。



▼お店は人が並んでいる1階部分です。


ー maki


▼メッセージ、お問い合わせ、ご依頼などは下記のメールフォームよりお送りください。