ブログの良さを見直してみよう



三軒茶屋名刺アトリエ です。いろんなビジネス、個人活動においてネット上での宣伝活動をどうするのか、みなさん考えていらっしゃると思います。今日はなかでも、「ブログ」について考えてみたいと思います。



|1 ネット上のルーズリーフバインダー

記事(ページ)をどんどん足せて、ある程度ボリュームが出てきたらインデックスを貼って(カテゴリ分け)どこに何が格納されているかがわかりやすいのがブログの一番良いところですよね。よっぽど重すぎる画像データを何千枚と貼らない限り、永久的なイメージで記事を書いて行けるし、テーマ・カテゴリ・時系列・単語のいずれでも検索ができるのは過去の記事も大切にできます。



|2 そのまま出版物になったら理想的!

しっかり記事や写真を構成して統一したイメージで作り込んでいけば、少し手直しするだけでそのまま出版物にすることだって可能です。コンテンツをしっかりと考えて作っていけるのもブログの良いところです。SNSでもしっかりコンテンツを配信できている人は(主に動画になると思います)良いのですが、大概は数日間有効の短期的なお知らせごとが多くなると思いますので、内容的には薄くなりがちです。



|3 アカウントがなくても誰でも見ることができる

SNSをやっている人は、世の中の全員がやっているような錯覚を持つようですが、意外に「アレはやってるけどコレはやってない」という人も多くて結構限られた世界になってしまうことも。日本で人気なのは、①Instagram ②Facebook ③LINE ④X だと思いますが、4つ全てのアカウントを持ってアクティブな状態の人は少ないのではないでしょうか。自身の顧客は、どのSNSが一番向いているのかを考えたり、いろいろ切り替えも結構大変です。しかしブログはURLさえ知らせていれば、アカウント不要で誰でも見ることが可能です。これによって、思わぬ人がたどり着いてくれることもあります。



|4 人と繋がっていないので、気持ちがラク

SNSのように常に誰かの何かの投稿を見せられたり、なんだか人とずっと繋がっている感じが圧迫感があってしんどいなと感じる人は多いと思います。もちろんそうやって人と関わることがビジネス上の大切なことでもあるのですが、自身の顧客にブログを見てもらうような仕組みを作っておくと、結構見てもらえるものなんですよ。



|5 デザインなども応用できて楽しい

ブログデザインをこまめに変えたり、文字の大きさや色や装飾がしやすいのでブログは楽しいですね。そして同時に「センスが表れます」ので、自身がない人は逆にあれこれいじらずに投稿しましょう。



ブログはオワコンなどではありません。


検索エンジンがある限り(検索順位などの問題はあるものの)誰でも見ることができますのでいま一度見直してみても良いと思います。しかし、SNSのように規格がひとつではなく、さまざまな運営会社や運用方法が混在していますので、どのブログサービスが良いかはいろいろ調べてくださいね。


ちなみに私は、2005年以降ためにためた海外旅行などの写真を、とうとう全てブログで記事化しようと、この9月より取りかかり始めました。仕事に直結しているものではありませんが、恐ろしいこの物量をまとめることができたなら、すごく充実感を感じるはずです。


がんばります!!


maki



▼メッセージ、お問い合わせ、ご依頼などは下記のメールフォームよりお送りください。