ホームページ、いる?いらない?


三軒茶屋名刺アトリエ です。ビジネスホームページの要・不要につきましては様々なご意見があると思います。今日はホームページの利点や弱点などを書いていきたいと思います。


|SNSは閉鎖空間です

昨今陥りがちなのが、"全世界の人間がSNSをやっている" と勘違いしてしまうところです。アカウントがないと、基本SNSでの投稿は見ることができない場合が多いですし、アカウントを持っていても何年も放置という人もたくさんいます。大手で利用者が多い Instagram/Facebook、X、LINEなどでも使い分けなどで全てのアカウントを持っている人も多いでしょうが、それはつまり使用方法に偏りがあるということです。自分自身を例に挙げますと(配信側ではなく受け取り側として)


Instagram:日常的に使用

Facebook:もう全く使わない

X:電車の事故などの情報入手として

LINE:連絡ツールとして


このようなイメージです。




もしあなたのビジネスをSNSでも発信するとして、どれをメインにするのか、全てを運用させるのか、人手や時間やセンスが必要になってきます。そこでこれらをまとめる情報一元化(本社)として、ホームページがあると、SNSはPRの枝葉として(営業マン)の役割を果たせると思います。また、アカウントも必要なく、検索サイトさえあれば誰でも閲覧できるというのは重要なポイントです。



|必要な情報を取り出しやすい

ホームページでは見る側が必要な情報を取り出しやすいという利点があります。これが一番大きいと言っても良いと思います。料金表、アクセス案内、プロフィール、会社案内など、一発で欲しい情報にたどり着けます。SNSの場合、性質上インデックスはつけられません。日々のニュースやお知らせを流すのに適しています。



|デザインで個性を出せる

SNSの場合は、その会社の決まったフォームでの投稿になりますので、画像や文章などのコンテンツのみが勝負になります。ホームページの場合は、やりたければどこまでもデザイン性を表現できますし、逆に究極にシンプルにすることも可能です。しかし昨今はスマホで見る方が圧倒的に多いため、あまり凝り過ぎたものや、目にうるさい色柄などよりも、情報が見やすいことを基本として、シンプルに個性を表現していくのが良いでしょう。昔はPCで大きな画面で見ることがほとんどでしたので、クリエイティブな会社のページは、画面上に様々な仕掛けがありましたね。





|こまめな更新が必須です

しかしSNSで発信する日々の情報などの根幹、ベースの役割を果たすならば、ホームページも同じように日々アップデートさせる必要があります。SNSでは毎日の情報が出ているのに、ホームページが何年も更新されていないというお店や事業者さんをよく見かけます。全くメンテナンスをする時間がない、できる人がいない、という状態なら最初から作らず、SNS運用にだけ特化しても良いでしょう。当店ではホームページをお引き渡した後も、ご自身で更新ができるようにレクチャーさせていただきますし、JIMDOやamebaowndといった、どなたでも更新しやすいCMS(Webサイトの専門知識がなくとも更新や新規ページ制作ができるツール)を選んでいます。



このようにホームページとSNSは、「本社」と「営業マン」のような存在です。両方を上手に連動させて運用できれば最も充実するでしょう。


もし個人ビジネスや店舗などお考えの場合には、ご自身がどういうやり方で情報を出していくのかをぜひご相談ください。しっかりとカウンセリングさせていただきます。


三軒茶屋名刺アトリエ


▼メッセージ、お問い合わせ、ご依頼などは下記のメールフォームよりお送りください。